クラブの歩み

鳥取いなばライオンズクラブは、2018年5月に結成50周年を迎えました。
その間、数々の記念事業を行って参りました。その一部を「結成50周年のあゆみ」にまとめてみましたので、ご覧ください。

■ 結成50周年のあゆみ ■

■ 結成50周年記念事業 ■

記念式典 2018年5月19日 白兎会館 会員数88名

平成30周年5月19日(土)鳥取いなばライオンズクラブ結成50周年記念式典並びに記念祝宴を開催致しました。式典には鳥取市長をはじめ50周年記念事業にかかわって頂いた関係者の皆様、ライオンズ関係では名越元国際理事、大田地区ガバナー・随行者、地区役員、地区委員に1Z、2Zブラザークラブの皆さん、遠く郡山市から姉妹提携クラブ郡山開成ライオンズクラブの皆さんの総勢160名のご出席を賜りました。下田会長の開会ゴングに始まり記念事業の報告など粛々と進められましたが、今回はもう一つお目出度い事があり、結成メンバーの西尾吉兵衛さんの百寿のお祝いも行われ、式典は無事終了致しました。祝宴は、今回のメイン事業でありました因幡の麒麟獅子舞でスタートとなり、メンバー所属のグループのジャズ演奏を聴きながらゆっくりと懇親の時間が流れ、最後に世界一の空手家「宇佐美里香さん」の演舞により一気に会場が締まり終了時間を迎えることとなりました。五十周年という節目を迎え、これまで支えて頂いた皆様に感謝するとともに、百周年を見据えて更なる飛躍を目指していきたいと思います。ご臨席いただきました皆様に感謝御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ★結成50周年記念事業 「麒麟獅子舞の像」を鳥取駅前に建立


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念事業

・ライオンズ国際財団LCIFへ1000$献金

・「鳥取こども学園」「鳥取いのちの電話」「鳥取城北高校相撲部」 「鳥取県視覚障害者福祉協会東部支部」へ寄附金贈呈

・第7回森林公園とっとり出合いの森「いなばの森」森林浴ウォーキンク大会開催 

・少年相撲城北大会開催   ・鳥取こども学園もちつき

・第11回鳥取いなばライオンズカップ少年少女ミニバスケットボール大会開催

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 結成45周年記念事業 ■

記念式典、2013年5月19日 白兎会館

鳥取中央ライオンズクラブ様にスポンサークラブとしてご支援をいただき、1968年5月19日に28名で結成、そして、現在81名の会員が在籍しております

記念式典では、平井鳥取県知事、竹内鳥取市長、渡部地区ガバナー、スポンサークラブである鳥取中央ライオンズクラブ橋尾会長をはじめとした方々、ブラザークラブの皆様、青年経済3団体の代表の方々、来賓の皆様、姉妹クラブである郡山開成ライオンズクラブの佐藤会長をはじめとした8名の方においでいただき、140名を超える参加による式典となりました。45周年という節目の年を迎え、もう一度、私どもの先輩方が築いてこられたすばらしい功績と足跡をたどり、その精神と活動を受け継ぎながら振り返るとともに、時代も変わり、少子高齢化、地方経済の衰退等、大きく時代の仕組みも変わろうとしている中、社会問題の原因も以前とは大きく変わりつつあります。会員一丸となり、同じ志のもとにライオンズ活動を行い、クラブの発展のために努力していくことを確認、会員一丸となり取り組んだすばらしい式典でした。 祝宴では、遠路ご来鳥いただいた郡山の方へ感謝とさらなる交流の意味も含め、東北大震災支援ソング「花は咲く」と鳥取市出身の岡野貞一作曲の「ふるさと」を全員で合唱し親睦を深めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

記念事業

  • ライオンズクラブ国際財団LCIFへ1,000ドル献金
  • 鳥取県のウォーキング立県事業と連携し「森林公園とっとり出合いの森(いなばの森)森林浴ウォーキング大会」を開催、一般参加210名ライオンズ参加48名と多くの方にご参加いただき定員を上回る大盛況となりました。※ガバナーズアワード大賞受賞。
  • 第6回鳥取いなばライオンズカップ(小学生ミニバスケットボール大会)に、日本を代表するバスケットボールの指導者である森祥治先生をお迎えしてクリニックを開催。
  • 遊歩道を設置し、草刈り作業、植樹を続けている「いなばの森」へ案内板1、休憩用のテーブル2とベンチ10を設置。
  • 「鳥取いのちの電話」「鳥取城北高校相撲部」「鳥取こども学園」視覚障がい者朗読奉仕グループ「月草会」へ支援金贈呈。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 結成40周年記念事業 

2008年5月18日 白兎会館にて結成40周年記念式典を開催。記念事業先10団体の代表者の方々、地区ガバナー、姉妹提携クラブ郡山開成LC、ブラザークラブ、他多数の方々のご参加を得て盛大に開催することができました。式典と祝宴の間には、「40年の歩み」として、歴代の会長の事業をまとめたDVDを参加者の皆様にご覧頂き、40年の歴史の重さを感じて頂くことができたと思います。祝宴は、アマチュア4四重奏「カプリス」のさわやかな演奏と、野沢青年の独唱「千の風になって」で、幕を開け、和気藹々とした雰囲気の中、終了いたしました。




 

 

■ 結成35周年記念事業 ■

2002年10月27日 鳥取県民ふれあい会館にて「結成35周年記念大会を」鳥取県知事、鳥取市長、また、地区ガバナー、友好提携クラブ神戸麻耶LC、郡山開成LC、ブラザークラブ、他多数のご来賓の方々をお招きして開催いたしました。

■ 結成30周年記念事業 ■

社会福祉法人鳥取福祉会へボランティアバス「元気号」を贈呈し、鳥取福祉会で運営されている施設で園児やお年寄りの送迎などに幅広く利用されています。このバスに乗ると、誰でも皆、より元気が出るようにと願って「元気号」と命名されました。

■ 結成25周年記念事業 ■

悲しい交通事故を少しでも減らしたいとの願いから、鳥取警察署前に白兎をモチーフとした「交通安全の塔」を寄贈しました。